カルシウムたっぷりメニューのご紹介

2016.11.18

本日の昼食は『カルシウムたっぷりメニュー』をご提供致しました。

~献立~
・主食:桜
えびと青のりの混ぜご飯
・主菜:鮭のチーズちゃんちゃん焼き(ホイル包み)
・副菜:冷奴の梅しらすがけ、切干大根サラダ
・汁物:小松菜としいたけのお吸い物
★おやつ:いちごヨーグルトムース

妊娠時は胎児の骨や歯を作るために、より多くのカルシウムが必要となります。
また、授乳中も赤ちゃんの成長に必要なカルシウムが母乳に移行します。
カルシウムの摂取量が不足すると母体の骨や歯に蓄積されたカルシウムが使われるため
骨密度の低下につながってしまいます。

妊娠中や授乳期のお母さんだけでなく、女性は骨の形成を促す女性ホルモン(エストロゲン)
の分泌が加齢とともに減少していくため骨粗鬆症になりやすい傾向です。

日頃からカルシウム不足の方は将来の骨粗鬆症予防のためにも意識して摂るようにしましょう。

戻る